横浜HOME > 横浜イベント情報

横浜イベント情報

2018年年2月9日(金)~4月2日(月)

~追憶の横浜・京都~ トロリーポール電車展

原鉄道模型博物館では、2018年2月9日(金)~4月2日(月)の期間中、「~追憶の横浜・京都~ トロリーポール電車展」を開催。

トロリーポール電車は、電車のルーツであると同時に路面電車とともに、街の風景を作ってきた。
昭和の街並の中で、市民の暮らしに寄り添うものだったのだ。
日本最後のトロリーポール電車、日本最初のトロリーポール電車。
それぞれの最後の日の姿を、原信太郎は16mmに記録していた。
横浜の街の軌跡をたどるコラボ企画をプロローグに、ポール電車のなつかしい煌きをたどる。

・・・展示紹介・・・
*京都市電 北野線N電の最後の日 映像
1961年 フルカラー 約20分
京都市電N電は、日本で初めて走った路面電車。
N電の最後の日、トロリーポールのまま、姿を消した。
*京福電気鉄道嵐山線(嵐電) 映像
1973年 フルカラー 約23分
京都市中心部から太秦を経て嵐山にいたる嵐電。明日からビューゲルに変わるという最後の日。
*叡山電車叡山本線・鞍馬線(叡電) 映像
1978年 フルカラー 約10分
京都市中心部から八瀬・鞍馬にいたる叡電。この日、日本最後のポール電車は、姿を消した。
*トロリーポールOゲージ模型走行
原信太郎が愛したトロリーポール電車。日本、海外の可愛い模型たちが、本博初めて、走行する。

・・・横浜市電保存館コラボ企画(会場:横浜三井ビル1F)・・・
*横浜市電巨大写真
市電の前で、写真をとろう!
*横浜市電と町のフォトエッセイ
横浜市電は、起伏の多い地形の町のために、トンネルや切り通しなどで延線した、路面電車としては珍しい町の電車。本牧地区と中心部がつながり、町は市電によって大きく発展した。そして、関東大震災や第二次大戦の空襲で壊滅した町。戦後、米軍が市中心部を接収し、市電にも英語表記がみえ、事故処理も米軍が行った姿を、ポール電車最後の年である1949年、原信太郎は記録した。
国際都市、横浜の町の発展とともにあった横浜市電をたどるフォト・ギャラリー。

その他、トロリーポールの歴史と技術を解説した展示、アメリカのトロリーポール電車のカレンダー展示など、原鉄道模型博物館ならではの展示も。
■ 関連LINK(PC)
http://www.hara-mrm.com