小田原・箱根HOME > 小田原・箱根イベント情報

小田原・箱根イベント情報

2018年11月21日(水)~2019年3月14日(木)

〔開館30周年記念展〕戦後日本画の山脈 第4回~屏風の大作を中心に~

「和の文化」である日本画の素晴らしさを国内外に広めるため様々な展覧会を開催してきた成川美術館が、開館30周年を記念して開催する特別展。全会場を使用して 文化勲章受章作家を中心とする物故作家と、これからの日本画を担う現役作家を紹介し、戦後の日本画の流れを総覧する。成川美術館所蔵の名品がもれなく展示される見応えのある展覧会。


・・・各展示室の展示について・・・

第1&第2室 現代日本画における吉祥図と同時代の精神性
富士、鶴、梅、牡丹など、伝統的な日本画における吉祥のモチーフを、現代の日本画として表した大作を展示する企画展。また現代人の孤独や哀しみ、個人的な追憶など同時代の精神性を反映した作品や、日本画の境界を超え独自の世界を創り上げている若手の作品もあわせて展示される。
石井 了、岡 信孝、小笠原 元、栗原 幸彦、齋 正機、高崎 昇平、高橋 新三郎、瀧下 和之、内藤 五琅、福井 爽人、前本 利彦、松本 哲男、松本 勝、松本 祐子、毛利 武彦、芳澤 一夫。

第3&第4室 巨匠の大作と新たな日本画の創意
牧進の12メートルの大作「再喜樹宴」をはじめ、現代日本画の巨匠らによる屏風の大作が並ぶ。さらに琳派風のアレンジ、シュルレアリスムなど革新的な日本画も併せて展示。戦後の日本画壇を牽引した大家らによる名作を集めた現代日本画の精華を堪能しよう。
牛尾 武、奥村 土牛、加山 又造、杉山 寧、関口 雄揮、髙山 辰雄、徳岡 神泉、東山 魁夷、平松 礼二、平山 郁夫、堀 文子、牧 進、矢谷 長治、山本 丘人、吉川 優。