小田原・箱根HOME > 小田原・箱根イベント情報

小田原・箱根イベント情報

2018年3月7日(水)〜10月28日(日)

コレクション展 「彫刻−ムーアとロッソを中心に」

「彫刻は野外の芸術である」と語ったイギリスの彫刻家ヘンリー・ムーア(1898 〜1986)と、彫刻の概念や表現の幅を広げたイタリアの彫刻家メダルド・ロッソ(1858 〜1928)。20世紀彫刻の要となる、この2人の作家の作品を中心に所蔵作品23点を公開するコレクション展。

自然の力で作られた形―小石や貝殻、流木、動物の骨、火打石( フリント・ストーン)を「見つけたオブジェ」とよび、尽きることない創作の源泉としたムーア。その作品は、「母と子」「横たわる像」「内なるかたちと外なるかたち」の3つのテーマに分類することができる。最初に小さなマケット(雛型)を作り、風景の中に彫刻を置くことを想定しながら拡大していき、最終的に2~5mの野外作品として大型の作品を完成させる。
一方、市井に生きる人々の哀歓を素描のように写しとったロッソの作品は小型のものが多く、手法や素材から未完成にみえるのも特徴。光が彫刻に及ぼす効果を表現の一部とし、彫刻の新たな可能性を切り開いた。
そんな2人の見応えのある彫刻を対比しながら鑑賞してみては