鎌倉・湘南HOME > 鎌倉・湘南イベント情報

鎌倉・湘南イベント情報

2020年1月18日(土)~3月27日(金)

昭和を彩る女優たち 松竹大船撮影所物語

時を超えて愛され続ける映画は、令和を迎えた現在も、私たちに新たな感動を与えてくれる。
昭和11年に開設した松竹大船撮影所は、多くの名作を生み“女優王国”の名を全国に轟かせ、昭和から平成へと時代を歩んだ。
本展は、「昭和」という時代とともに、松竹大船撮影所で活躍した女優たちの軌跡を辿る企画展。
時代の記憶とスクリーンに輝き続ける永遠の魅力を楽しんで。


【おすすめイベント】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《松竹キネマ100周年記念アフタートーク》
大正9年(1920年)に松竹キネマが発足してから、令和 2 年(2020年)で 100 周年を迎える。
これを記念して、 松竹映画を代表する名作の上映 とアフタートークを開催。


* 『秋刀魚の味』+アフタートーク「松竹映画の名作を世界へ ~国際映画祭の舞台から~」
3月8日(日)13:30~(※映画開始時刻)
小松士恩さん(松竹株式会社メディア事業部海外版権室)

[映画鑑賞料金]一般:1000円 小・中学生:500円
チケット発売日:2月15日(土)

*『男はつらいよ』+アフタートーク「デジタル修復で未来へ ~名作の新たな魅力とともに~」
3月17日(火)13:30~(※映画開始時刻)
五十嵐真さん(株式会社松竹映像センター取締役 技術本部長)

[映画鑑賞料金]一般:1000円 小・中学生:500円
チケット発売日:2月15日(土)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《特別上映》

*『横堀川』+トークイベント「撮影監督・厚田雄春を語る」
2月22日(土)13:30~(映画開始時刻)
菅野公子さん(厚田雄春氏・三女)、兼松熈太郎さん(撮影監督)

小津安二郎監督作品の撮影監督として、数々の名作を手がけた厚田雄春氏。その仕事は、松竹撮影所の歴史でもある。
小津作品で意図したハイキーの画調に対して、ローキーも得意とした厚田氏の仕事を撮影助手であった兼松熈太郎さんに、お人柄を厚田氏の三女である菅野公子さんにお話しいただくトークイベント。
[特別上映(トークイベント付き)]一般:1500円、小・中学生:750円
チケット発売日:1月18日(土)

【撮影監督・川又昻 追悼上映】
2019年10月5日、日本を代表する撮影監督である川又昻氏が逝去された。小津安二郎監督作品の撮影助手を経て、野村芳太郎監督作品、大島渚監督作品など多くの名作を残され、晩年は、名作を後世に伝えるため、デジタル修復の作業にもご尽力された川又氏。 川又氏の業績を偲び、代表作『砂の器』の上映と関係者によるトークイベントを開催。


*『砂の器』+トークイベント「撮影監督・川又昻の仕事」
3月24日(火) 13:30~(※映画開始時刻)
羽方義昌さん(撮影監督)、川又武久さん(『キャメラを振り回した男 撮影監督・川又昻の仕事』著者)

[特別上映(トークイベント付き)]一般:1500円、小・中学生:750円
チケット発売日:2月15日(土)

*『砂の器』+トークイベント「 監督・野村芳太郎と撮影監督・川又昻」
3月27日(金) 13:30~(※映画開始時刻)
野村芳樹さん(プロデューサー)、樋口尚文さん(映画監督、映画評論家)

[特別上映(トークイベント付き)]一般:1500円、小・中学生:750円
チケット発売日:2月15日(土)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*松竹大船撮影所ゆかりの地散策ツアー
3月18日(水) 13:30~15:30(終了予定)
中橋嘉久さん(撮影監督)

松竹大船撮影所で数々の作品に従事された撮影監督の中橋嘉久さんに、大船の街とかつての撮影所ゆかりの地を、散策しながら解説していただく。
※大船駅周辺からの散策コースとなります。
申込方法:2月15日(土)より鎌倉市川喜多映画記念館(0467-23-2500)まで電話にてお名前、連絡先をお伝えください。
参加費:500円
定員:15名(先着順)
■ 開館時間
9:00〜17:00 ※入館は16:30まで
■ 休館日
月曜(祝日は開館、翌平日休)
■ 観覧料
〔一般〕200円 〔小・中学生〕100円
※映画鑑賞は別途
■ 関連LINK(PC)
http://www.kamakura-kawakita.org