鎌倉・湘南HOME > 鎌倉・湘南イベント情報

鎌倉・湘南イベント情報

2018年4月21日(土) 〜7月8日(日)

【特別展】明治、BUNGAKUクリエイターズ 高橋源一郎『日本文学盛衰史』より

明治時代、西洋に追いつくためさまざまな文化が輸入され、多くの日本人が初めて近代的自我をもつ西洋の小説に触れた。
そして二葉亭四迷、森鴎外、北村透谷、国木田独歩、島崎藤村、田山花袋、夏目漱石、石川啄木らの作家たちは、
新しい時代の日本の文学がどうあるべきか、テーマや文体について模索、苦悩しながら作品を生み出していった。

明治150年にあたる本年、日本近代文学の黎明期の作家たちの葛藤を独自の解釈により書いた
高橋源一郎氏の小説『日本文学盛衰史』をもとに、時代の開拓者である明治の作家たちを貴重な資料で紹介。


【おすすめイベント】

*鎌倉文学館バラまつり2018年
 毎年約200種250株の色とりどりのバラが楽しめる。他にもバラの解説やコンサートなどのイベントも開催される。
 日時:5月11日(金)~6月10日(日)

*文学講演会「明治150年の文学」
 本展特別協力の作家 高橋源一郎氏が、独自の視点から明治文学史をお話しするトークイベント。
 日時:6月23日(土) 14:00~15:30
 講師:高橋源一郎氏(本展特別協力、作家)
 定員:150名(申込制)
 会場:鎌倉商工会議所 地下ホール
 締切:6月12日(火)必着

*文学講座「表現者は家族、家庭をどう捉えたか―森鴎外の『半日』と妻 志げの『波瀾』をめぐって」
 森家の嫁と姑の争いに「人力の及ばざる所」と嘆きつつ、妻の説得に努める夫・鴎外が描く小説「半日」を、妻・志げは妻の論理で反転させ「波瀾」を書いた。その実相を山崎一穎氏が読み解く。
 日時:6月8日(金) 14:00~15:30
 講師:山崎一穎氏(森鴎外記念館(津和野)館長)
 定員:33名(申込制)
 会場:鎌倉文学館 1階講座室
 締切:5月28日(月)必着


*文学講座 「自然主義文学盛衰史-藤村・花袋・秋聲・白鳥を中心に」
 日露戦争後にリアリズムの狼煙を上げた自然主義文学。正宗白鳥の有名な回想記とともに、中心作家4人を軸にしてその文学運動の意義を解説。
 日時:6月16日(土) 14:00~15:30
 講師:大木志門氏(山梨大学准教授)
 定員:33名(申込制)
 会場:鎌倉文学館 1階講座室
 締切:6月4日(月)必着

*資料解説講座「作家と酒」
 館収蔵の資料から、天広丸、吉井勇、里見弴、小津安二郎、清水基吉ら酒を愛した文学者を文学館職員が紹介。
 日時:7月6日(金) 14:00~15:00
 講師:鎌倉文学館職員
 定員:20名(申込制)
 会場:鎌倉文学館 1階講座室
 締切:6月25日(月)必着


*文学散歩「大町・材木座周辺」
 展覧会に関連し大町・材木座周辺の、妙本寺、海岸橋を訪ね、夏目漱石、国木田独歩らゆかりの作家について文学館職員が解説。
 日時:5月16日(水)、17日(木)、22日(火)、23日(水)10:00~11:30 ※各日同一内容
 講師:鎌倉文学館職員
 対象:約3㎞のコースを歩ける人。※応募者多数の場合は、市内在住・在勤の方が優先となります
 定員:各回25名
 参加費:無料(別途寺社の拝観料は各自負担)
 締切:5月2日(水)必着 ※往復ハガキでお申し込みください。


各イベントの詳細、お申込みはこちら
>>鎌倉文学館
■ 観覧料
〔一般〕400円〔小・中学生〕200円
■ 開館時間
9:00~17:00  ※入館は30分前まで
■ 休館日
4月23日(月)、5月7日(月)、6月18日(月)、 7月2日(月)
■ 関連LINK(PC)
http://www.kamakurabungaku.com/index.html