鎌倉・湘南HOME > 鎌倉・湘南イベント情報

鎌倉・湘南イベント情報

2018年3月16日(金)〜6月17日(日)

大映映画のスターたち

本企画展では、写真家・早田雄二による美しいポートレイトを中心に
貴重な映画資料の数々で、永遠に語り継がれるスターの魅力に迫る。

巨匠・溝口健二の作品を手掛けた美術監督・水谷浩による『近松物語』(1954 年)のデザイン画や、日本映画の至宝・小津安二郎による『浮草』(1959 年)の自筆シナリオなど、ここでしか見ることのできない資料も展示。大映映画を代表する珠玉の14 作品の上映とともに楽しもう。


///// 大映とは /////
1942 年、戦時統制下、大日本映画製作株式会社として設立された映画会社。菊池寛が初代社長を務め、戦後は永田雅一が率いて数々のスターを世に送り出す。『羅生門』『地獄門』などで国際的評価を得て多くの名作を生み出し、座頭市、眠狂四郎などのシリーズ作をヒットさせた。


〔おすすめイベント〕

*特別上映『夜の河』+トークイベント
4月10日(火)13:30 〜(映画開始時刻)
山本富士子さん

日本映画の黄金時代にトップスターとして活躍された山本富士子さんにお越しいただき、代表作『夜の河』の上映と、上映後に本作のエピソードを中心にお話をしていただきます。
山本富士子さんプロフィール:
1931年、大阪生まれ。京都府立第一高等女学校卒業後、18歳で第1回ミス日本に選ばれる。1953年、大映に入社し『花の講道館』で映画デビュー、一躍トップスターとなり『夜の河』でNHK 最優秀主演女優賞、『彼岸花』『白鷺』にてブルーリボン主演女優賞受賞。1963年にフリーとなり、以降、テレビ、舞台にて活躍、近年は多数の朗読公演、講演も行なっている。代表作は、テレビ『にごりえ』、舞台『吉野太夫の恋』など多数。2001年、紫綬褒章受章。
〔特別上映+トークイベント料金〕一般 1500円、小・中学生 750円
チケット発売日:3月17日(土)


*映画談話室
6月2日(土)15:10 〜
 南美川洋子(なみかわ ようこ)さん

『千羽鶴』で稲村ゆき子役を演じた南美川洋子さんは、1968 年に映画デビューし、大映専属女優として活躍されました。
『千羽鶴』出演時のエピソードを中心にお話をしていただきます。
料金:無料(先着51 名、要入館)
※ 13:30~『千羽鶴』をご覧になったお客様は、引き続きご着席いただけます。
〔映画鑑賞料金〕一般:1000円 小・中学生:500円
※映画チケット発売日:4月21日(土)

*トークイベント「原節子の真実」
 6月17日(日)14:00 〜
石井妙子さん(ノンフィクション作家)

鎌倉ゆかりの大女優・原節子の生誕日にあたる6 月17 日は、作家の石井妙子さんにお越しいただき、“ 原節子として生きた一女性の生涯” をテーマにお話をしていただきます。

石井妙子さんプロフィール:
1969 年、神奈川県茅ケ崎市生まれ。ノンフィクション作家。著書に、小津安二郎、川島雄三、吉村公三郎ら映画人も通ったバーのマダム・上羽秀の半生を描いた「おそめ」、女性映画編集者の草分けである岸富美子との共著「満映とわたし」がある。伝説の大女優・原節子の生涯を書いた「原節子の真実」で新潮ドキュメント賞を受賞。
〔トークイベント料金〕一般:1000円 小・中学生:500円(入館料含む)
5月19日(土)より発売



※先売り券は、記念館窓口、島森書店鎌倉店(鎌倉駅東口)、たらば書房(鎌倉駅西口)、上州屋(大船駅東口)にて発売しております。 ※チケット購入後の日時変更および払い戻しは一切お受けできません。 ※販売枚数に達した場合、当日券の販売はございません。 ※ご購入いただいたチケットで展示室もご覧になれます
■ 開館時間
9:00〜17:00 ※入館は16:30まで
■ 休館日
月曜(ただし4月30日は開館)
■ 観覧料
〔一般〕200円 〔小・中学生〕100円 ※映画鑑賞は別途
■ 関連LINK(PC)
http://www.kamakura-kawakita.org/